blog

キャンピングカーの種類の1つ「バンコン」とは?特徴や魅力について

キャンピングカーには車の構造によっていくつかのタイプがあります。ベースになる自動車がワンボックスと呼ばれるバンやワゴン、もしくはミニバンで、車内を宿泊ができるように改造した車を「バンコン」と呼びます。外観をちょっと見ただけではキャンピングカーだとはわからない、それがバンコンです。

 

バンコンとは

「バンコン」の意味は「バン、コンバージョン」を省略したワードです。「バン」は、日本では、いわゆる商用車のことを指しますが、ワンボックスカーやワンボックスワゴンと、ミニバンなどを指しています。「コン」は改造、変更を意味する「コンバージョン」の略で、「バン」の荷室部分をキャンプ用に「コンバージョン」した車という意味です。

 

「軽キャン」(軽自動車のキャンピングカー)のカテゴリーの中にも、「軽バンコン」と呼ばれるものがあります。

 

ボディはバンそのままで、荷室もしくは後部座席のスペースを宿泊可能な構造に改造します。フルフラットなベッドを設定したり、ベッドに変更できる椅子やダイニングセットを設けたり、固定のキッチンの設置や機材を収納する棚などを設置します。

 

バンのボディはもともと背が高くて、いわゆる乗用車より大きく見えますが、実は専有面積は見た目ほど大きくありません。国産車であれば日本の狭い道や駐車場でも不自由はありません。また運転席の位置が高く、見切りの良い四角いボディは車両感覚がつかみやすく、思ったよりも運転はしやすいと思うことでしょう。走行性能や燃費なども、ほとんどベース車両の性能がそのまま維持されていて、高速道路や山道の走行でも安定しています。

 

前記したように、外装は市販車のままなので、ひとめ見ただけではキャンピングカーだとはわかりません。ですので、普段使いの車としてショッピングなどに使っても違和感はありませんし、普通車用の駐車場であれば、駐車場所に困ることはありません。

 

バンコンの特徴と魅力

バンコンの魅力は、市販車の外装を持っているため、ベース車両の走行性能をそのまま引き継いでいることです。ですので、何ら問題無く日常の移動手段として使うことができます。

 

バンコンに限らずキャンピングカーの内装はキャンピングカービルダーの手によりオーダーメードで作られます。つまりオーナーの好みで室内を自由にレイアウトできるのです。ビルダーはそれらの要望を組み合わせて最良の設計を考えて製作します。上手に組み合わせることによりキャンピングカーとしての機能が最大限に生かされ、そこがビルダーの腕の見せ所となります。

 

バンコンのボディは市販車そのままなので、荷室の窓から屋根に掛けて内側に傾斜が付いています。そのため、天井へ機材を装備すると思いのほか室内のスペースに干渉します。もともと天井はそれほど高くないので、大人は室内で直立できません。キッチンなどを設けた場合には中腰や椅子に座って調理することになりますが、そんな点を考慮して内装を作ります。

 

まず、就寝するベッドを作ることを考えます。バンコンの場合にはベッドはそれだけで荷室のほとんどを占めてしまうため、固定されたベッドを作ることは少なく、通常は座席で、就寝ときにベッドへ変身するといった可動式ベッドが多くみられます。

 

また、普通の乗用車やバンはボディが鉄板でできており、駐車中の断熱は考慮されていません。室内の温度は、炎天下や真冬の吹雪の中で、外気の影響を大きく受けます。

真夏の昼間は、太陽にさらされると室内の温度は気温より高くなりますし、冬の夜には冷気が壁や窓から伝わってきます。

 

キャンピングカービルダーにお願いすれば、内装に断熱材を使った壁を設定してくれます。当然それは費用としてキャンピングカー価格のアップにつながりますが、FFヒーターや、バッテリーや発電機を使ったエアコンを設置して、快適に過ごす工夫をすることができます。

 

バンコンはこんな方におすすめ

1台の車で、日常生活もキャンプも満喫したい。だけど日常の脚になる車の走行性能や、使い勝手を犠牲にしたくない。またキャンピングカーは欲しいけど、車を2台持つことはいろいろな面で難しいし、維持費も2倍かかるのは厳しいという方や、駐車場は乗用車で使っているので、キャンピングカーを保管する場所が無い、という方も多いでしょう。そんな方々にピッタリなのが「バンコン」です。

 

運転席が少し高い場所にあり、少し登って乗り込むことを除けば、普通の乗用車として使うことができます。日常は通勤に使っていて、休日にはキャンプに使えます。スーパーマーケットの買い物に「バンコン」で出かければ、まとめ買いをしても、ラクラク持ち帰れます。

 

同じ大きさの車で、乗車定員10人以下の車であれば普通免許で運転できますが、バンコンは宿泊を考慮すると大人二人+お子さん二人ぐらいが適当です。つまりファミリーでのキャンプに向いています。

走行性能の良いクルマで移動して、テント設営の手間を掛けずに宿泊する。撤収も早い、そんな機動性を生かした旅行に向いています。

 

ベース車がトラックで重い居室を背負った「キャブコン」に比べて、「バンコン」はベース車両の走行性能が高いので、運転が楽でストレスを感じることも少ないです。四角いボディは四隅の間隔がつかみやすいので、運転に慣れていない人でも運転がしやすいという利点があります。高い運転席は見通しも良く、渋滞や長距離を運転しても疲れが少ないと言われています。

 

トイレ、シャワーなどの設備は室内にスペースを設けることが難しいので、設備のある所へ移動して利用します。宿泊するときはオートキャンプ場、サービスエリアなど夜間でも使用できるトイレの設備があり車内宿泊が許可されているところが主体となります。

 

また、キャンピングカーの中に遊びの器材を置くスペースを作れば、釣りやサーフィン、サイクリングや登山などアウトドアスポーツのベースキャンプとして役立ちます。仕事帰りに現地に直行して、前泊できます。休みが不定期の方でも思い立ったらいつでもどこへでも出かけられ、自分のベッドで宿泊ができます。

 

普段使いも可能なバンコンで手軽にアウトドアを楽しみましょう!

ご紹介してきたように バンコンは1台で普段使いと、キャンプ用途と2つの用途を併せ持ったキャンピングカーです。

いつでもアウトドア気分を感じていたい方や、キャンピングカーを普段使いしたときでもストレスを感じたくない、そんな人には「バンコン」をお勧めします。

\ Share article /

\ Copied ! /

軽キャン外装もカスタムできるって知ってた?自分好みに選べる軽キャンカスタマイズ その旅を忘れられない思い出に。Travel✖️Camping Car 選りすぐりのキャンピングカーレンタル中
Scroll