blog

キャンピングカー「キャブコン・バンコン」の比較・違いについて

キャンプ場でよく見かけるキャンピングカーは?と聞かれたら、どんな形の車を想像するでしょうか。誰もがイメージできるキャンピングカーの形をしているのがこの「キャブコン」です。そして一見すると普通のバンやワゴンに見えるけれど、車内が改装されていてベッドや、小さなキッチンなどが設えてある車が、「バンコン」です。

 

キャンピングカーには種類がある

 

キャンピングカーは大きく分けて6種類のタイプがあります。それは「キャブコン」「バンコン」「バスコン」「トラキャン」「トレーラー」「軽キャン」です。

 

「キャブコン」はトラックなどを運転席だけを残して、荷台部分をシェルと呼ばれる居住スペースに作り替えたものです。固定されたベッドやダイニングキッチン、トイレなども設置されているものが多くあり、キャンプときの利便性が優先されて作られています。

「バンコン」はバンやワゴンの後部座席や荷室部分の内装を改造して、キャンピングカーに作り替えた車です。車体の外装はそのままで、内装を変更して小ぶりなキッチン作り付けたり、ベッドとなるフラットな床面が使えるように作られたりします。

「バスコン」はバス、マイクロバス、をベース車両としてキャンピングカーに改造したものキャブコンと同様な居住スペースの利便性があります。車体が大きいので、駐車できる場所に制限があり、大型免許などが必要な場合があります。

「トラキャン」はトラックやピックアップの荷台にキャンプ用のキャビンを載せたもので、キャビンは取り外しができて、ふだんはトラックとして使い、休日にキャンピングカーとして使えます。

「トレーラー」は動力を持たない移動できるキャビン(居室)で、自動車で牽引して移動させます。

「軽キャン」は軽自動車をベースにしたキャンピングカーです。軽キャンのカテゴリーにも「軽キャブコン」「軽バンコン」「軽トレーラー」があります。

 

キャブコン・バンコンの特徴

 

国内で見かけるキャンピングカーの中で、誰が見てもキャンピングカーだとわかるのが「キャブコン」です。それに比べて、一目見ただけではキャンピングカーだとはわからないのが「バンコン」です。

 

「キャブコン」はキャンピングカービルダーによって、トラックなどの市販車の運転席部分を残して、荷台部分に車に合わせたシェル(居室)を作り、取付けられた車です。

シェル部分は、法律で許可されるぎりぎりのサイズ、高さまで広げることができるので、室内は広く、腰を屈めずに立って歩ける高さを確保できます。

 

また、運転席の頭上など有効にスペースをつかえるので、ベッド、ダイニング、キッチン、トイレなど多くの設備を設定することができます。外装はFRPなど断熱性の高い材質で作られており、広さと高さが充分にあって、居室内で快適に過ごせるキャンピングカーです。大幅に改造された車両価格はどうしても高くなり、特種用途車両(8ナンバー)の取得が必須となります。

 

「バンコン」はワンボックスカー、ミニバン形状のバン、ワゴンなどの荷室もしくは後部座席部分の内装をキャンピングカーの設備に改造した車です。車の外装はベース車両のままなので走行性能も損なわれません。室内の空間はベース車両そのままなので、広さ高さに制限があり、大人は直立できません。また、常設のベッドやシャワー、トイレなどを設置するのは難しく、組み立て式のベッドや小型の装備が取り付けられます。また、外装が鉄板などの金属で出来ていて、停車時の断熱性が考慮されておらず、真夏や真冬は外気の影響を大きく受けますので車内で快適に過ごすには空調設備が必要になります。改造部分が少ないため、キャブコンよりバンコンは価格が安めです。また、8ナンバーの取得は必須では無く、乗用もしくは貨物車での登録となります。

 

キャブコンとバンコン、どちらが良い?

 

「キャブコン」と「バンコン」はどちらもキャンピングカーですがそれぞれメリットとデメリットがあります。それらを踏まえてどちらがあなたに適しているでしょうか?

 

「キャブコン」は動く家で、小さな家に乗ってあちこち移動できるようなものです。

常設のベッドがありますので、数日間の連泊をしても大丈夫です。許可された駐車スペースがあればどこでも宿泊ができますので、長期間、自走で移動する旅行に便利です。ペット同伴や小さいお子様連れの旅行でも気兼ねなく出かけられます。

断熱性と共に遮音性も高いので、多少騒音があるところでも安眠できます。また、常設のテーブルやベッドがありますので、自宅の駐車場に置いているときに離れの部屋として使うことができます。8ナンバー車は税金面で優遇されていますが、任意保険に入りづらく、入れる場合でも高額になる場合が多いです。

 

「バンコン」は車中泊もできる車で、ベース車両の走行性能を保ったままキャンピングカーに改造した車です。外装はベース車そのままなので、ショッピングなどの日常生活に使っても違和感はありませんし自走式の立体駐車場などに入ることもできます。高速道路や山道を走行しても運転のストレスは少なく、比較的燃費も良いです。アウトドアレジャーのベースキャンプとして使うなど、車内で寝ることができれば宿泊装備や車内で長時間過ごすための設備は充実していなくても良い、という方に向いています。

普通乗用車、貨物車のナンバーであれば、税金や維持費に有利不利はありませんし任意保険に入るのにも障害はありません。この点でも日常使う車と同じです。

メリット、デメリットを踏まえたうえでお気に入りの一台を見つけてください。

 

あなたに最適な1台を見つけましょう!

 

どんな目的でも自分に合ったキャンピングカーが作れる本格的な「キャブコン」はキャンピングカーの王道です。日常の生活に自家用車として使い、いつもアウトドアを意識していたいという方向きの「バンコン」。甲乙つけがたい、どちらも素敵なキャンピングカーです。

\ Share article /

\ Copied ! /

軽キャン外装もカスタムできるって知ってた?自分好みに選べる軽キャンカスタマイズ その旅を忘れられない思い出に。Travel✖️Camping Car 選りすぐりのキャンピングカーレンタル中
Scroll