blog

軽自動車のキャンピングカー「軽キャン」が熱い!安い・手軽なその魅力

 

リーズナブルでコンパクトな軽自動車をベースに造られたキャンピングカーを「軽自動車キャンピングカー」と呼びます。「軽キャン」「軽キャンパー」と略して呼ばれることもあります。車体はコンパクトですが、アレンジによって多彩な装備を盛り込めます。
ソロキャンプにピッタリなキャンピングカーです。
ここでは、軽自動車キャンピングカーの魅力について説明いたします。

 

軽自動車キャンピングカーとは?

 

軽自動車キャンピングカーは文字通り軽自動車をベースにしたキャンピングカーのことです。
日本だけで発達しているキャンピングカーのカテゴリーで、日本人が得意とする小型で多機能な装備が満載です。コンパクトなボディが、すこしユーモラスでかわいらしく見えるのが特徴です。

 

軽自動車キャンピングカーには、一般的なキャンピングカーと同様に、大きく分けて3つのタイプがあります。
それらは「キャブコン」「バンコン」「トラキャン」と呼ばれています。それぞれの特徴について説明します。

 

キャブコン

「キャブコン」は軽トラックの荷台部分か、軽バンの荷室部分を取り除いて、車両に合わせたシェルと呼ばれる専用キャビン(部屋)を作り、車に組み込みます。誰もが想像するキャンピングカーの小型版です。多くのキャブコンは、シェル部分にFRP素材を使い、軽自動車の規格寸法ギリギリに作られます。軽キャンパーのカテゴリーの中では、一番広い室内スペースを持てます。

 

バンコン

「バンコン」は軽バン、軽ワゴンをベース車両として、外装はベース車両のままで、荷室部分のシートや内装を変更します。多くの場合、フルフラットベッドを作り、小さいキッチン器具を備えてキャンピングカーにしたものです。外観を見ただけではキャンピングカーだと気が付かれない車両も多くあります。走行性能や燃費などがベース車両とほとんど変わらない特徴があり、そのまま買い物など日常の脚として使われます。

 

トラキャン

「トラキャン」とは、トラックキャンパーを略してそう呼ばれています。軽トラックの荷台にシェルと呼ばれるキャンプ用キャビンを載せます。ベースの軽トラックは改造をしません。キャブコンとの違いは、キャビン部分が取り外しできるので、キャンプへの行きかえり以外は、普通の軽トラックとして使用できます。ちなみにトラキャンのシェルは積載物とみなされるので、荷台の幅からはみ出ることができません。したがってトラキャンのシェルはキャブコンのシェルより小さくなります。

軽キャンなら運転しやすく経済的

 

軽キャンの魅力は、まず運転がしやすいということです。
軽自動車のコンパクトなボディは、車両感覚がつかみやすく、運転するときの取り回しがとても楽で、不慣れな土地や狭い道への侵入でも気にならず、だれでも、どんな場所でも運転がしやすいクルマだということです。
660ccの小さいエンジンの車両に、重量のあるシェル(居室)を載せていますので、高速道路や登り坂の多い山道では若干パワーが不足気味になりますが、コンパクトなボディは日本の狭くクネクネした山道での走行にも向いています。

 

そして二番目の魅力は購入価格が安いことです。
一般的なサイズのキャンピングカーは、新車価格で数百万円から一千万円を超えるものが少なくありません。ところが軽キャンパーは新車であっても、200万円から300万円が主流となり比較的安価に購入できます。

 

三番目の魅力は、車に掛る維持費が安いことです。軽自動車の登録なので、まず自動車税などの税金や、自賠責、任意保険共に保険料が低めに設定されています。また車検にかかる費用も基本的に普通車より安く済みます。
そしてほとんどの高速道路や有料道路の料金が普通車よりも低く設定されています。排気量が小さく燃費が良いのでトータルのガソリン代も安く済むのも魅力です。重ねて消耗品であるタイヤも、軽自動車用はとても安く販売されていて夏タイヤと、冬タイヤの両方を用意しても費用はわずかで済みます。

 

そして、車のサイズが小さいので、駐車スペースが小さくて済みます。セカンドカーとして所有しても邪魔になりにくいサイズです。一部の機械式駐車場を除いて、ほとんどの駐車場に停められますので、買い物など日常的な脚として使っても何ら問題がありません。一部の地域では車庫証明が不要です。

 

軽キャンパーは自作も可能!

 

バンやワゴンの内装を改造する「バンコン」は、荷室部分の改造であれば、自分で手掛けるのも難しくありません。例えば壁や天井に合わせて棚を作ったり、荷室内に板を敷きベッドとしたり、テーブルにしたり、荷室の窓部にカーテンを付けたりする改造は少しの知識と工具があればできます。車体へ穴を開ける、また溶接などで部品を取付けるなどの加工を施さない限り、構造変更の申請は不要です。

 

軽トラックの荷台に自作のシェルを載せる「トラキャン」もシェルの自作は知識と技術がある方ならば自作できます。シェルを作るには、建築や車の構造のように人が乗ったり、走行の風や振動を受けたりしても壊れない強度や、防水の知識が必要で、シェルの大きさは、道路交通法で荷台に載せられる荷物の制限が適用されるので、幅は車両の幅を超えない、前後方向に車両長さの1/10を越えない、地面から高さ2.5mを超えない、重量が350kg以内という制限があります。

 

バンコン、キャブコンどちらも、改造が違法改造にならない範囲で行うという前提です。

 

もちろん知識と技術があれば「キャブコン」を作ることも可能ですが、キャブコンは元となる車両の構造変更の申請が必要で、審査を受け、認可を取り、車検証の記載変更を行なってからようやっと、公道を走ることができます。
つまりキャブコンの製作には、交通法規、構造強度の知識が最低限必要となり、電気配線なども変更しますので素人が手掛けるには相当ハードルが高い自作キャンピングカーとなります。

 

軽キャンでアウトドアを手軽に楽しもう!

 

軽キャン(軽自動車キャンピングカー)の種類と特徴について、説明してきました。
維持費用が安く、保管場所が省スペースな軽キャンは、セカンドカーとして、またアウトドアスポーツや、釣り、登山などの遊びのベースとして、また、キャンピングカーの自作を楽しむベースとして、とても楽しい車です。また気負いなく出かけられる手軽さがあり、日常の脚として使いながら、いつでもアウトドアを感じられる楽しさのあるクルマです。

\ Share article /

\ Copied ! /

軽キャン外装もカスタムできるって知ってた?自分好みに選べる軽キャンカスタマイズ その旅を忘れられない思い出に。Travel✖️Camping Car 選りすぐりのキャンピングカーレンタル中
Scroll