blog

一人旅用・ソロキャンプに最適!軽キャンピングカー

昨近、キャンプの流行の中で、特に流行っているのが、一人で出かけて自由な行動がとれる、そして自然と深く親しめるスタイルの「ソロキャンプ」です。

ここではソロキャンプにピッタリなキャンピングカーを紹介します。それは

軽キャンピングカー「軽キャン」です。

 

ニーズが高まっている軽自動車キャンピングカー(軽キャン)

 

軽自動車キャンピングカー「軽キャン」とは、呼び名のとおり軽自動車をベースにしたキャンピングカーのことです。

日本独自の規格である軽自動車をベース車両に改造を施してキャンピングカーにします。日本人がいちばん得意とするコンパクトで機能満載な装備が特徴です。

 

軽キャンは、購入価格と維持費の安さが一番のメリットです。一般的なキャンピングカーは500万円以上しますが、軽キャンならば200万円代から新車が購入できます。

 

税金、車検費用、自賠責保険、任意保険が普通車よりも安く、高速道路料金、フェリーの乗船料金も軽自動車枠があります。また、軽自動車ですので、普通自動車免許があれば、どなたでも運転できます。

 

もちろん燃費が良いので長距離を走ってもガソリン代も抑えられます。

また、タイヤが小径なので普通車のタイヤよりも安く販売されています。夏冬タイヤを頻繁に交換しても、その費用は安いです。

 

そしてコンパクトなボディは小回りの利いて取り回しが良く、特別な運転技術を必要としません。どなたでも運転がしやすいキャンピングカーです。日本の狭い道でも、すれ違いなどを気にすることなく走ることができます。

そして駐車が許可された場所ならば、制約が無くほとんどの場所に駐車できます。

 

コンパクトなキャンピングカーは、ファーストカーとしてはもちろんですが、セカンドカーとして所有していても負担が少ないので、ニーズがどんどん高まっています。

 

軽キャンの魅力・楽しみ方

 

軽キャンは機動力に富み、一人もしくは二人の少人数で自由に動き回り、好きな場所で寝泊まりする旅行に最適です。宿泊費がかかりませんので、北海道一周や日本一周などの長期旅行に向いています。仕事をリタイアした後の自分探しの旅などにいかがでしょうか?

 

最近流行っているソロキャンプにも、テントの設営が不要なことや、調理道具の荷運びが不要なので気軽に出かけられます。キャンピングカーならば雨の日であっても、濡れずにキャンプができます。また、車内に宿泊するので、女性のソロキャンプでも不安は少ないでしょう。

キャンプに出掛けるだけでは無く、釣りや登山などアウトドアスポーツのベースキャンプとして使い、前泊したり、帰りの渋滞を避けて一休みしてから帰路に着いたり、真冬の天体観測や風景写真の基地にして寒さを凌いだり、使い方は自由で無限にあります。

 

前章でも書きましたが、軽キャンパーの魅力は、まず購入価格と維持費が安いことです。

普通車サイズのキャンピングカーは一千万円を超えるものも少なくありません。それに比べると、軽キャンパーは新車でも安価で、手の届く価格帯と思われる方が多いでしょう。

 

そして軽自動車で登録されるので、税金面での維持にかかる費用が安いことです。自動車税や自賠責保険料と共に車検にかかる費用が普通車より低く抑えられます。

高速道路料金や有料道路の料金が普通車よりも低い料金設定です。

 

軽キャンのコンパクトで、ほぼ4角が垂直のボディ形状は、前後左右の車両感覚がつかみやすく、狭い道でも運転がしやすい自動車です。

 

燃費が良いのでガソリン代が安く済むのも魅力です。660ccの小さいエンジンに重いキャンプ用の設備を積んでいるので、パワーはスポイルされカタログ値よりは燃費が悪くなりますが、元々の燃費が良いので同じ燃料で長い距離を走れます。

 

車中泊が可能な場所を事前に調べておきましょう

 

軽キャンは専有するスペースが小さいので普通自動車用の駐車スペースがあれば駐車できます。しかし日本国内の駐車場は、誰かの所有地であるか、どこかの管理下にある場所がほとんどです。その場所での車中泊が許可されているかどうか、または、許可を受けることができるのか、確認して必要ならば許可を取って車中泊をしましょう。

河川敷や海岸など、時間によって水位が変わるところや崖の下で落石を受ける危険な場所などもありますので、その場所が安全かどうか、まず確認しましょう。

 

意外に思われるかもしれませんが、高速道路の「サービスエリア」や「パーキングエリア」そして国道沿いにある「道の駅」は車中泊が許可されていません。長距離を運転して疲れたときに、安全運転を確保するための仮眠は許されています。

また、飲料タンクに給水することやポータブルトイレの中身を廃棄することもマナー違反です。

 

観光地や公園、大型商業施設などで夜間も閉鎖されない駐車場がありますが、これらも車中泊は許可されていない場所がほとんどです。車中泊が可能かどうかは事前に確認をしてください。

 

ハイシーズンの登山者用駐車場や観光地の駐車場、スキー場の駐車場などでは前夜から駐車が可能なところもありますが、早い時間に満車になることもありますので、そういった情報も含めて場所を選定してください。

オートキャンプサイトであればほとんど制約が無く停めることができます。

そしてキャンピングカーでの旅行に限らず、最近増えている車中泊専用の宿泊施設が「RVパーク」です。

 

RVパークは日本RV協会が推進している施設で、ゆったりとしたスペースに駐車できます。24時間利用できるトイレと、ほとんどの施設で入浴ができる設備が併設されています。

RVパークの利用は有料です。基本的に予約は不要なスタイルですが、駐車が可能かどうかは事前に確認、予約をした方が良いでしょう。

軽キャンで手軽にアウトドアを満喫!

 

気ままに出かけるソロキャンプや、アウトドアでの遊びのベースなどと使い道がとても楽しい車が軽キャンです。省スペースで維持費用が少なくて済む軽キャンパーは、セカンドカーとして所有する楽しみもあります。ぜひ購入を検討してみて下さい。

\ Share article /

\ Copied ! /

軽キャン外装もカスタムできるって知ってた?自分好みに選べる軽キャンカスタマイズ その旅を忘れられない思い出に。Travel✖️Camping Car 選りすぐりのキャンピングカーレンタル中
Scroll