blog

屋根が飛び出る!ポップアップルーフの魅力や注意点

キャンピングカーは多くの人の憧れです。しかしキャブコンにはちょっと手が出ない、バンコンが丁度良いけど家族4人が寝るには、少し窮屈になる。といった問題を解決するのが、車の屋根部分にテントのような居住スペースが作れるポップアップルーフです。

ポップアップルーフとは?

ポップアップルーフは、開いて上昇する(ポップアップ)屋根(ルーフ)を持ち、開くと居室スペースを拡張します。開いた屋根のサイド部分はテント素材のシートで覆われて、風雨を遮ります。

 

元の天井に当たるところに床を作ると、車は二階建てへと変わります。そしてポップアップルーフ内は快適なテントスペースとなって、フラットな寝室として使えます。二階部分は一般的な乗用車より高いところにあるので展望の良い居室となります。ちなみに二階部分へは車内から行き来します。

 

車の中で宿泊できることがキャンピングカーの大前提ですが、車内の広さに制限があるバンコンや軽キャンパーでは、屋根部分を宿泊の時だけ寝室に利用するポップアップルーフがとても有効です。

 

かつては車種によって純正オプションでポップアップルーフ(メーカーによって呼び名が違いました)の設定がありましたが、現行車種では無くなってしまいました。ただ、いまでも一部の車種にディーラーオプションなどの設定があります。キャンピングカービルダーなどの施工業者で、屋根を改造して設置できます。

 

ポップアップルーフは、走行時に開くことは禁じられています。つまり走行時の屋根の高さは元の自動車と変わらないので、車高を気にする必要がなく、日常の通勤や買い物などの使い方に制限はありません。また、若干重量は増えますが、走行性能に影響を及ぼすことは有りません。普段は普通の車(バン、ワゴン)として使い、宿泊の時に居室を一つ増やせる、それがポップアップルーフのキャンピングカーです。

 

ポップアップルーフの魅力・楽しみ方

ポップアップルーフの最大の魅力は、ポップアップにより車内のスペースが縦方向に増えるということです。単純に天井が高くなり、軽キャンパーでも車内で立つことができます。車内で着替えをする、調理するなどアウトドアでも良くあるシチュエーションでとても便利に使えます。

 

ポップアップルーフを開いて、元の天井部に床面を設ければ、車内に新たな二階部分ができることをお話ししました。多くのキャンパーはそのスペースを就寝スペースに使います。5,3ナンバーの一般的なワゴン、バンコンでは、ルーフテント内部に大人2人分の就寝スペースが生まれます。軽キャンパーでも1人分増えることと、大柄な人でも足を延ばして寝られるスペースが生まれます。もちろん、二階部分の屋根裏のような非日常空間は、お子さんにも大人気です。

 

ポップアップルーフは、ワゴン車の屋根の高さにあります。開いて昇ると眺めがとても良くなり、景色の良いところでルーフをひらけば、他車からでは望めない眺望を得られます。

 

ルーフを開けたときのサイド部分は、ナイロンなどのテント素材で覆われますが、窓の代わりとなる開口部があります。窓部を開放すれば風の通りが良く、夏の暑い夜でも快適に寝られます。

 

車内で寝られるキャンピングカーとして使えるので、キャンプに行くときも、キャンプサイト設営の手間が最小限でできます。地面で直接寝る醍醐味はありませんが、フラットなベッドでゆったり寝られます。RVパークなどの駐車場タイプの施設で車中泊するときでも、高い位置で寝るのでテント内を覗き込まれることもありません。他車に景観を遮られることも少ないでしょう。ポップアップルーフは収納も簡単なので、雨の日の撤収でも素早くテントを収納できます。

ポップアップルーフには注意点も

ポップアップルーフはサイドがテント素材でできており、夏場のキャンプではとても快適なのですが、冬場はもちろん環境によっては春や秋でも寒いことがあります。インナーシートなどを使いテント素材部を二重にするオプションなどがあれば、利用しましょう。しかし車内の暖気もテント部から抜けますので、FFヒーターなどの暖房器具よりも、性能の良いシュラフや、羽毛布団などでの防寒対策が必要です。

 

雨の日でもテントは防水されているので使えます。しかし防水は完全ではないので横殴りの雨や、暴風雨の中では浸水する可能性があります。

また、テント素材は雨で濡れたままで収納すると素材は痛みます。カビが生えたり、臭いが残ったりしますので、使用後はなるべく早く、天気の良い日に開いてしっかり乾燥させることが必要です。雨の日に使うことが見込まれるときには事前に防水スプレーを吹き付けるのも有効です。

 

ポップアップルーフはテント素材なので、防音性がありません。これは一般的なテントと同じですが、夜中でも交通量の多い道路に近い場所や、人通りの多い繁華街等では周りの騒音に悩まされるかもしれません。逆に静まり返ったキャンプ場では、大きな「いびき」や、夜間に話し声を立てていると、高い位置から発せられた音は遠くまで拡散してしまいます。

 

ポップアップルーフは便利な装置です。購入して最初のころは物珍しさから、よく使われます。しかし、やがて使われなくなる傾向があります。子供が大きくなるとともにキャンプをしなくなったり、ポップアップの作業自体が面倒になったりして使われなくなる傾向があります。それらのことを考慮して、本当に必要な装備なのか吟味して導入してください。

目的に合わせたアウトドアで楽しみましょう!

キャンピングカーはあなたの家族やあなた自身に、他ではできない体験をさせてくれます。その手始めとしてポップアップルーフの車でキャンピングカー体験を始めてください。

 

ポップアップルーフ車にはいろいろなベース車両やそのポップアップ構造による違いがあります。中古やレンタカーもありますので、キャンピングカー販売店や、キャンピングカーの展示会で多くのキャンピングカーを見て、体験してみて、あなたに合ったポップアップルーフ車を見つけてください。

\ Share article /

\ Copied ! /

軽キャン外装もカスタムできるって知ってた?自分好みに選べる軽キャンカスタマイズ その旅を忘れられない思い出に。Travel✖️Camping Car 選りすぐりのキャンピングカーレンタル中
Scroll